仕事を探している方の応援隊!

雇用対策で国を元気にする

今の雇用体制では、若者や学生が夢を持って生きていけない状況にあります。
不景気の影響から、企業への就職先が狭くなり、就職が出来ない若者も増えてきています。
そこで、若者に希望が持てるような雇用改革が進められています。
例えば、国が企業と連携して、就職先を増やしたりしています。
ハローワーク等で、企業にとって欲しい人材を育成し、その人材を提供するシステムもあります。
ハローワークでは、若者や、非正規雇用の方向けに相談窓口が開設されて、誰でも無料で相談を受けられるのですが、そこで相談してきた方に対して、職業訓練場へ行くようにアドバイスされます。
職業訓練場とは、企業が今欲しいと思える様な人材育成を手伝う物です。
企業が正社員として若者を雇っても、コミュニケーション能力が低かったり、働く能力が低かったりすると、育てるのにも人件費や、労力等の経費が掛かってしまいます。
それを敬遠し、企業は学生時代にリーダーシップを取って、スポーツをした事がある人や、ボランティア活動の実績がある人を採用するケースが多いです。
しかし、誰もがリーダーシップを取った事がある、スポーツやボランティアの経験があるとは限りませんから、中には正社員としての採用を敬遠されてしまう人も沢山居ます。
そこで、国が設置する職業訓練場で、コミュニケーションスキルの向上、企業で即戦力となる人材の育成をする事で、企業から見ても、欲しいな、と思える人材の育成をしています。
努力して、社会性を身に付けて企業で活躍したい若者の思惑と、即戦力が欲しい企業の思惑が一致して、良い雇用対策になります。
若者が夢や、希望を持って働く事で、国の景気もどんどん上がっていきます。
若者が元気の無い国の場合だと、物が売れなくなったり、働く事を諦めてしまう若者も居ますから、それだけ景気も悪くなっていきます。
国が雇用対策に力を入れる事により、若者が元気になり、それに比例して国の経済も活気付きます。